自分用メモ

まだいろいろと再構成中。

カテゴリ : ソフトウェア

まずは、全部貼ってみる。
1

2

3

4

で、step 20000までやったのを全部出してみるとこちら。

step 0, training accuracy 0.18
step 100, training accuracy 0.84
step 200, training accuracy 0.84
step 300, training accuracy 0.88
step 400, training accuracy 0.9
step 500, training accuracy 0.92
step 600, training accuracy 0.96
step 700, training accuracy 0.94
step 800, training accuracy 1
step 900, training accuracy 0.92
step 1000, training accuracy 1
step 1100, training accuracy 0.92
step 1200, training accuracy 0.94
step 1300, training accuracy 0.98
step 1400, training accuracy 0.98
step 1500, training accuracy 0.94
step 1600, training accuracy 1
step 1700, training accuracy 0.98
step 1800, training accuracy 0.94
step 1900, training accuracy 1
step 2000, training accuracy 1
step 2100, training accuracy 0.94
step 2200, training accuracy 1
step 2300, training accuracy 0.98
step 2400, training accuracy 0.96
step 2500, training accuracy 1
step 2600, training accuracy 0.98
step 2700, training accuracy 0.96
step 2800, training accuracy 0.98
step 2900, training accuracy 0.96
step 3000, training accuracy 0.96
step 3100, training accuracy 0.98
step 3200, training accuracy 0.98
step 3300, training accuracy 0.96
step 3400, training accuracy 1
step 3500, training accuracy 1
step 3600, training accuracy 0.96
step 3700, training accuracy 0.96
step 3800, training accuracy 0.98
step 3900, training accuracy 0.98
step 4000, training accuracy 1
step 4100, training accuracy 1
step 4200, training accuracy 0.98
step 4300, training accuracy 0.96
step 4400, training accuracy 1
step 4500, training accuracy 0.96
step 4600, training accuracy 0.98
step 4700, training accuracy 1
step 4800, training accuracy 1
step 4900, training accuracy 0.98
step 5000, training accuracy 1
step 5100, training accuracy 1
step 5200, training accuracy 1
step 5300, training accuracy 0.96
step 5400, training accuracy 1
step 5500, training accuracy 0.98
step 5600, training accuracy 1
step 5700, training accuracy 1
step 5800, training accuracy 1
step 5900, training accuracy 1
step 6000, training accuracy 0.96
step 6100, training accuracy 1
step 6200, training accuracy 1
step 6300, training accuracy 0.96
step 6400, training accuracy 1
step 6500, training accuracy 1
step 6600, training accuracy 0.98
step 6700, training accuracy 1
step 6800, training accuracy 1
step 6900, training accuracy 0.98
step 7000, training accuracy 1
step 7100, training accuracy 1
step 7200, training accuracy 0.96
step 7300, training accuracy 1
step 7400, training accuracy 1
step 7500, training accuracy 0.98
step 7600, training accuracy 1
step 7700, training accuracy 1
step 7800, training accuracy 1
step 7900, training accuracy 1
step 8000, training accuracy 1
step 8100, training accuracy 1
step 8200, training accuracy 1
step 8300, training accuracy 1
step 8400, training accuracy 1
step 8500, training accuracy 1
step 8600, training accuracy 1
step 8700, training accuracy 1
step 8800, training accuracy 0.98
step 8900, training accuracy 1
step 9000, training accuracy 0.98
step 9100, training accuracy 1
step 9200, training accuracy 1
step 9300, training accuracy 1
step 9400, training accuracy 1
step 9500, training accuracy 1
step 9600, training accuracy 1
step 9700, training accuracy 0.98
step 9800, training accuracy 0.98
step 9900, training accuracy 0.98
step 10000, training accuracy 1
step 10100, training accuracy 1
step 10200, training accuracy 1
step 10300, training accuracy 0.98
step 10400, training accuracy 1
step 10500, training accuracy 1
step 10600, training accuracy 1
step 10700, training accuracy 1
step 10800, training accuracy 1
step 10900, training accuracy 0.98
step 11000, training accuracy 0.98
step 11100, training accuracy 1
step 11200, training accuracy 1
step 11300, training accuracy 0.98
step 11400, training accuracy 1
step 11500, training accuracy 1
step 11600, training accuracy 1
step 11700, training accuracy 1
step 11800, training accuracy 1
step 11900, training accuracy 1
step 12000, training accuracy 1
step 12100, training accuracy 1
step 12200, training accuracy 1
step 12300, training accuracy 0.98
step 12400, training accuracy 1
step 12500, training accuracy 1
step 12600, training accuracy 1
step 12700, training accuracy 1
step 12800, training accuracy 1
step 12900, training accuracy 1
step 13000, training accuracy 0.98
step 13100, training accuracy 1
step 13200, training accuracy 1
step 13300, training accuracy 1
step 13400, training accuracy 1
step 13500, training accuracy 1
step 13600, training accuracy 1
step 13700, training accuracy 1
step 13800, training accuracy 1
step 13900, training accuracy 1
step 14000, training accuracy 1
step 14100, training accuracy 1
step 14200, training accuracy 1
step 14300, training accuracy 1
step 14400, training accuracy 1
step 14500, training accuracy 1
step 14600, training accuracy 0.98
step 14700, training accuracy 1
step 14800, training accuracy 1
step 14900, training accuracy 1
step 15000, training accuracy 1
step 15100, training accuracy 1
step 15200, training accuracy 1
step 15300, training accuracy 0.98
step 15400, training accuracy 0.98
step 15500, training accuracy 1
step 15600, training accuracy 1
step 15700, training accuracy 1
step 15800, training accuracy 1
step 15900, training accuracy 0.98
step 16000, training accuracy 1
step 16100, training accuracy 0.98
step 16200, training accuracy 1
step 16300, training accuracy 1
step 16400, training accuracy 1
step 16500, training accuracy 1
step 16600, training accuracy 1
step 16700, training accuracy 1
step 16800, training accuracy 1
step 16900, training accuracy 1
step 17000, training accuracy 1
step 17100, training accuracy 1
step 17200, training accuracy 1
step 17300, training accuracy 1
step 17400, training accuracy 1
step 17500, training accuracy 1
step 17600, training accuracy 1
step 17700, training accuracy 1
step 17800, training accuracy 1
step 17900, training accuracy 1
step 18000, training accuracy 1
step 18100, training accuracy 1
step 18200, training accuracy 1
step 18300, training accuracy 1
step 18400, training accuracy 1
step 18500, training accuracy 1
step 18600, training accuracy 1
step 18700, training accuracy 1
step 18800, training accuracy 1
step 18900, training accuracy 1
step 19000, training accuracy 1
step 19100, training accuracy 1
step 19200, training accuracy 1
step 19300, training accuracy 1
step 19400, training accuracy 0.98
step 19500, training accuracy 1
step 19600, training accuracy 1
step 19700, training accuracy 1
step 19800, training accuracy 1
step 19900, training accuracy 1
test accuracy 0.992


お~、ちゃんとその通りになってるよ。w

Convolution and Pooling ということで、畳み込み積分?みたいなのをやると、精度が格段に上がる・・・っていうイベントみたいですよ。 よくわかんないけどw。

プログラム計算結果

とりあえず、このページのサンプルコードを最後まで入れて、最後の結果が出るのを確認した。
肝心の内容については、一通り読んだものの・・・( -д-)ノ

まあ、徐々に勉強することにする。( ´∀`)つ

・・・あ、ユーザー名は、ちょっと謎なんですよ~

tensorflow jupyter notebook

結構さんざん揉めて、わからないことが沢山・・・だったものの、インターフェース2017年3月号の、60ページにあるような、Jupyter Notebook上で TensorFlow を動かすところまで成功。

Linux の操作の基本とか、Linuxの世界の無言の常識とかをマスターしてないと、結構ハードルが高い感触。


--- ただ、こういうふうに、SSE命令使えない・・・とかいろいろメッセージ出るけど。w


覚えてる範囲でメモ。

・power shellからtfインストールするとうまく行かない。結局、cmdを打たないとダメ。

・anacondaを入れたときに元からインストールされているjupyter notebookをそのまま使うと、tensorflow動かない。env tensorflow に行って、そこからjupyter をインストールしないとダメ。
activate tensorflow
conda install jupyter

要するに、ここここにあるようなふうに、XamarinをWindows10上のVisual Studioで動かして、別筐体のMacとつないで、Windows10上のVSからiOSを開発してみる・・・という挑戦。

この記事にあるような、Mac上でWindowsを動かすのではなく、物理的に別筐体のMacの中古を激安で買って、繋いでしまおうという。なので、場所を食わないMac miniの中古。16000円弱で入手したので、その価格は満足。

で、ちゃんとうまく行くかは別問題。

まず、Mac OS X にWindowsから VNCでリモートデスクトップ接続するのはいいんですよ。こちらのサイト様にあるとおりでOK.

で、次に、いよいよVisual StudioのXamarinから繋いでみる。
すると、sshフィンガープリント・・・リモートログインは有効とかいうのが出てきてトラブるけど、これは、マックにログインするときに、ちゃんとパスワードつきのアカウントを作成してログインして、そのアカウントでログインすれば大丈夫。こんな感じ。
001

Mac上ではこのように、リモートログインを設定しておく。
002

こうすれば、ssh....は出なくなるのでうまく行くかと思いきや・・・こういうのが来る。
003

Xcodeってなんだ?って調べると、ここここですよ。
なんか、Apple IDが必要になるそうで、そんなの昔に入ったような気がしないでもない・・・と、不完全なので、いろいろ苦労してようやく昔作ったアカウントとそのパスワードを探し出した。結構大変でした。
で、調べてみると、Xcodeは、MAC app storeからダウンロードしろと・・・
004
で、OS 10.6.6 以降でないとダメなんですか・・・?

しかし、激安マックは、10.5.8 

なぜ激安なのか・・・だんだんわかってきましたよ。w 

試しに、最新のMac OSをダウンロードしてみると、やはりこういうレスポンスが・・・
005

ならば逆に、Xcodeのほうを、昔の古いバージョンにすれば?と思った。
まず、WindowsマシンでAppleのサイトでこういうのがあるのを発見。
006

Xcode 4.5.2 あたりどうでしょう??こちらのサイト様を参考に。

と思ったけど、Windowsマシンでダウンロードしても意味ないので、マックからダウンロードしようとしてみると・・・・
007
と来たよ。アップルのサイトなのに、Macではセキュリティー上開けないと来たもんだwww(^◇^)

ならば、ブラウザはアップルのは見捨てて、Google Chromeでは?と思った・・・・ら、Chromeのサイトに行ってみたら、Mac OSの新しいバージョンしかサポートしてないと・・・・。
さらに、古いバージョンのChromeを探してみたけど、少し前まであったらしいけど現在は既に無いと。



う~~~ん。。。。

中古マックが激安な理由がよくわかった・・・ということで終わってしまうのか?

安物買いの銭失いの典型か? w 今日のところはここまで・・・

Windows PowerShellと、PowerShell ISEをいじっていて、profileを書いて動作時に読み込ませて、デフォルト・ディレクトリを変更しようとしても、なぜかPowerShell ISEだけで変更が有効になってPowerShellでは無効になるという現象があった。

どうやら、こちらのサイト様の通り。

プロファイルのファイル名を、Profile.ps1にすると両方で有効 になる。

Javaをやってみるのに、今ではVisual Studio Codeから出来るというのを知ったので、やってみようとした。
まずはここの通り、Visual Studio CodeとJDKをインストールしてみる。

しかし、いつも通りwww、javacが認識されないで終わる。(´・ω・`)

どうせPATHが通ってない思ったので、ここを見てその通りやってみる。

やっと、PATHが通って、hello worldが実行された。

pop pushをやらない
先程の件、偉大な方のお知恵を拝借したことにより、このように解決した。

つまり、
1. pop とか push とかやらない。
2. 表示ループを回すのに、わざわざ i とかlst.size() とかを使わない。
3. 表示ループは、pそのものを++で進行させ、始めと終わりは lst.begin() / lst.end() を使えばいい。
そういうふうに考え方を変えれば、即動く。

多分、青字で書いた、p++をやるところがキモなのかな?という気が、なんとなくする。

ポインタを使うような構文だとダメで、参照を使うとなぜか通る。という現象があったのだが、その原因は不明だった。

で、listを使ったプログラムでこういうのを入れたが、この直後に実行時エラーで落ちる。

list pダメ

う~ん・・・
pがなぜかあさっての値になるのが原因なのか??
このプログラムの場合、参照で逃げようとしてもダメだった・・・(´・ω・`)

このステップの直前までpは65'A'という値を持っているわけなのだが・・・
まだまだこのあたりの理解が完全に不足中ということだけはわかった。

これはやはり例によって、listの問題ではなくポインタ関連の問題なのだろう多分。
さてどうしようか???と、今のところ無策。

このページのトップヘ