自分用メモ

まだいろいろと再構成中。

カテゴリ : Sibelius

こういう悲惨なことがあって、自分で新しいHDDにWindowsをクリーンインストールしてWindows10にアップグレードし、Sibelius7.1.3をインストールして、そこから20万円かけて復活したSibeliusのデータを読んでみた。

しかし・・・・ 
元のデータにはあったはずの
    パート譜が見当たらない。
 

う~ん・・・困った。復活したデータはタイムスタンプも含めてPCがクラッシュする前のものと同一なことは間違いない。そうすると、新しくインストールし直したSibelius側の問題なのか?

ネットで検索しまくってもわからないので、復活したデータの周辺にあったファイル(Program Filesとか・・・)でSibeliusに関連するフォルダーを全部開けてみて、現在のドライブにあるファイルと復活した過去のファイルとを逐一目視で比較してみる。その結果、ファイルは全部同じだ。。。

こうなると、理論的にお手上げなのか???

というわけで、一応観念して、AVIDの有料SibeliusサポートのためのASCチケットを、2800円かけて購入してみた。

しかし、これをやったのが土曜日の昼間。有料サポートは、平日昼間しかやっていない・・・・。なので、月曜までおあずけ・・・になるのが運命みたいな。

---

そうしている間に、Sibeliusのバージョンが知らないうちに8になってることや、どうも7までと8からで日本国内の販売・サポート体制が、多分大人の事情?によって変わっているらしい・・・・ことなどを発見。

---

でも、Sibeliusのバージョンを上げてもこの問題は関係ないとは思うわけで。

そして、・・・・

リファレンス・マニュアルをもう一回じっくり読んでみる・・・。


スクリーンショット (7)


をを・・・・ (((( ;゚д゚)))

右上にある「+」マークのところをクリックしてみると・・・・、パート譜の名前が・・・そこをクリックしてみると・・・


見事にパート譜が復活。 

(●´ω`●)

マニュアルくらいちゃんと読めよw と、自分に言ってみる・・・・。 
あ~ 神の慈悲に救われた気分。 ありがとうございます。
 とりあえず、2800円のチケットは、将来のためにず~っととっておく予定。

---

(2016.4.8追記)
ついさっき、こういうメールが来ていた。
スクリーンショット (9)

何もコンタクトしていないのに、そして勿論、AVID側からも何もコンタクトがないのに、いつのまにか勝手にcase closed.  馬鹿かよ! 詐欺かよ!

まあ、日本のひどい会社以上に、欧米の会社は最低最悪なところが多いんだが(ネット上に記録したことだけでも、これとかこれとか、2つもあるんだが・・・w)、マイクロソフト・DAZに引き続いてAVIDも同類ということがわかったのであった。

まあ世の中そんなものよ。本当にカネカネだけは抜け目のない奴らだこと、糞欧米人。

以上

スクリーンショット (302)

いろいろいじってると、こんなふうに、小節番号が全部[1]のようになってしまって、それ以降二度と番号がカウントされなくなる場合がある。

かなり焦るのだが・・・このように、

スクリーンショット (303)

最初の小節だけ生きている 1 という番号をドラッグして後の小節の [1] をなぞっていくと、あら不思議、ちゃんと2小節以降がカウントされて小節番号が生き返る。



実際に印刷してみて、あくまでも近視・老眼などの個人的都合による最適な経験値として、

「レイアウト」の左のほうの「譜表サイズ」は、最低でも 6.7mm を確保。
但しこれを優先すると、間隔最適化機能に頼らずに、マニュアルで間隔調整する必要あり。

スクリーンショット (299)

ページ番号の位置を変えたい場合、「テキスト」の、「スタイル」の右下をクリックし、「テキストスタイルの編集」を出して、そこの「ページ番号」の「水平位置」の「内側エッジ」

ここにあるけど、日本語歌詞で、1音符に複数文字を割り当てると自動的にスラーが付くのを止める方法。
スクリーンショット (266)

外観 → 記譜ルール → テキスト の、
「スラーを日中韓文字の下に描画する」のチェックをはずす。

スクリーンショット (155)

「テキスト」の「メトリック・・・レーション」で、カーソルが点滅したら右クリックをして、記号を選ぶ。

このページのトップヘ