お次はここ
まずやってみると、一応行くけど忠告付き。
01

ちゃんとAPI masterを参照して、置き換えてみる。
02

03
おお、ちゃんと怒られなくなりました。

---

placeholderのほうの例題もやってみる。
04
うん、いいのではないでしょうか。(^^♪