自分用メモ

まだいろいろと再構成中。

まずは、全部貼ってみる。
1

2

3

4

で、step 20000までやったのを全部出してみるとこちら。

step 0, training accuracy 0.18
step 100, training accuracy 0.84
step 200, training accuracy 0.84
step 300, training accuracy 0.88
step 400, training accuracy 0.9
step 500, training accuracy 0.92
step 600, training accuracy 0.96
step 700, training accuracy 0.94
step 800, training accuracy 1
step 900, training accuracy 0.92
step 1000, training accuracy 1
step 1100, training accuracy 0.92
step 1200, training accuracy 0.94
step 1300, training accuracy 0.98
step 1400, training accuracy 0.98
step 1500, training accuracy 0.94
step 1600, training accuracy 1
step 1700, training accuracy 0.98
step 1800, training accuracy 0.94
step 1900, training accuracy 1
step 2000, training accuracy 1
step 2100, training accuracy 0.94
step 2200, training accuracy 1
step 2300, training accuracy 0.98
step 2400, training accuracy 0.96
step 2500, training accuracy 1
step 2600, training accuracy 0.98
step 2700, training accuracy 0.96
step 2800, training accuracy 0.98
step 2900, training accuracy 0.96
step 3000, training accuracy 0.96
step 3100, training accuracy 0.98
step 3200, training accuracy 0.98
step 3300, training accuracy 0.96
step 3400, training accuracy 1
step 3500, training accuracy 1
step 3600, training accuracy 0.96
step 3700, training accuracy 0.96
step 3800, training accuracy 0.98
step 3900, training accuracy 0.98
step 4000, training accuracy 1
step 4100, training accuracy 1
step 4200, training accuracy 0.98
step 4300, training accuracy 0.96
step 4400, training accuracy 1
step 4500, training accuracy 0.96
step 4600, training accuracy 0.98
step 4700, training accuracy 1
step 4800, training accuracy 1
step 4900, training accuracy 0.98
step 5000, training accuracy 1
step 5100, training accuracy 1
step 5200, training accuracy 1
step 5300, training accuracy 0.96
step 5400, training accuracy 1
step 5500, training accuracy 0.98
step 5600, training accuracy 1
step 5700, training accuracy 1
step 5800, training accuracy 1
step 5900, training accuracy 1
step 6000, training accuracy 0.96
step 6100, training accuracy 1
step 6200, training accuracy 1
step 6300, training accuracy 0.96
step 6400, training accuracy 1
step 6500, training accuracy 1
step 6600, training accuracy 0.98
step 6700, training accuracy 1
step 6800, training accuracy 1
step 6900, training accuracy 0.98
step 7000, training accuracy 1
step 7100, training accuracy 1
step 7200, training accuracy 0.96
step 7300, training accuracy 1
step 7400, training accuracy 1
step 7500, training accuracy 0.98
step 7600, training accuracy 1
step 7700, training accuracy 1
step 7800, training accuracy 1
step 7900, training accuracy 1
step 8000, training accuracy 1
step 8100, training accuracy 1
step 8200, training accuracy 1
step 8300, training accuracy 1
step 8400, training accuracy 1
step 8500, training accuracy 1
step 8600, training accuracy 1
step 8700, training accuracy 1
step 8800, training accuracy 0.98
step 8900, training accuracy 1
step 9000, training accuracy 0.98
step 9100, training accuracy 1
step 9200, training accuracy 1
step 9300, training accuracy 1
step 9400, training accuracy 1
step 9500, training accuracy 1
step 9600, training accuracy 1
step 9700, training accuracy 0.98
step 9800, training accuracy 0.98
step 9900, training accuracy 0.98
step 10000, training accuracy 1
step 10100, training accuracy 1
step 10200, training accuracy 1
step 10300, training accuracy 0.98
step 10400, training accuracy 1
step 10500, training accuracy 1
step 10600, training accuracy 1
step 10700, training accuracy 1
step 10800, training accuracy 1
step 10900, training accuracy 0.98
step 11000, training accuracy 0.98
step 11100, training accuracy 1
step 11200, training accuracy 1
step 11300, training accuracy 0.98
step 11400, training accuracy 1
step 11500, training accuracy 1
step 11600, training accuracy 1
step 11700, training accuracy 1
step 11800, training accuracy 1
step 11900, training accuracy 1
step 12000, training accuracy 1
step 12100, training accuracy 1
step 12200, training accuracy 1
step 12300, training accuracy 0.98
step 12400, training accuracy 1
step 12500, training accuracy 1
step 12600, training accuracy 1
step 12700, training accuracy 1
step 12800, training accuracy 1
step 12900, training accuracy 1
step 13000, training accuracy 0.98
step 13100, training accuracy 1
step 13200, training accuracy 1
step 13300, training accuracy 1
step 13400, training accuracy 1
step 13500, training accuracy 1
step 13600, training accuracy 1
step 13700, training accuracy 1
step 13800, training accuracy 1
step 13900, training accuracy 1
step 14000, training accuracy 1
step 14100, training accuracy 1
step 14200, training accuracy 1
step 14300, training accuracy 1
step 14400, training accuracy 1
step 14500, training accuracy 1
step 14600, training accuracy 0.98
step 14700, training accuracy 1
step 14800, training accuracy 1
step 14900, training accuracy 1
step 15000, training accuracy 1
step 15100, training accuracy 1
step 15200, training accuracy 1
step 15300, training accuracy 0.98
step 15400, training accuracy 0.98
step 15500, training accuracy 1
step 15600, training accuracy 1
step 15700, training accuracy 1
step 15800, training accuracy 1
step 15900, training accuracy 0.98
step 16000, training accuracy 1
step 16100, training accuracy 0.98
step 16200, training accuracy 1
step 16300, training accuracy 1
step 16400, training accuracy 1
step 16500, training accuracy 1
step 16600, training accuracy 1
step 16700, training accuracy 1
step 16800, training accuracy 1
step 16900, training accuracy 1
step 17000, training accuracy 1
step 17100, training accuracy 1
step 17200, training accuracy 1
step 17300, training accuracy 1
step 17400, training accuracy 1
step 17500, training accuracy 1
step 17600, training accuracy 1
step 17700, training accuracy 1
step 17800, training accuracy 1
step 17900, training accuracy 1
step 18000, training accuracy 1
step 18100, training accuracy 1
step 18200, training accuracy 1
step 18300, training accuracy 1
step 18400, training accuracy 1
step 18500, training accuracy 1
step 18600, training accuracy 1
step 18700, training accuracy 1
step 18800, training accuracy 1
step 18900, training accuracy 1
step 19000, training accuracy 1
step 19100, training accuracy 1
step 19200, training accuracy 1
step 19300, training accuracy 1
step 19400, training accuracy 0.98
step 19500, training accuracy 1
step 19600, training accuracy 1
step 19700, training accuracy 1
step 19800, training accuracy 1
step 19900, training accuracy 1
test accuracy 0.992


お~、ちゃんとその通りになってるよ。w

Convolution and Pooling ということで、畳み込み積分?みたいなのをやると、精度が格段に上がる・・・っていうイベントみたいですよ。 よくわかんないけどw。

プログラム計算結果

とりあえず、このページのサンプルコードを最後まで入れて、最後の結果が出るのを確認した。
肝心の内容については、一通り読んだものの・・・( -д-)ノ

まあ、徐々に勉強することにする。( ´∀`)つ

・・・あ、ユーザー名は、ちょっと謎なんですよ~

tensorflow jupyter notebook

結構さんざん揉めて、わからないことが沢山・・・だったものの、インターフェース2017年3月号の、60ページにあるような、Jupyter Notebook上で TensorFlow を動かすところまで成功。

Linux の操作の基本とか、Linuxの世界の無言の常識とかをマスターしてないと、結構ハードルが高い感触。


--- ただ、こういうふうに、SSE命令使えない・・・とかいろいろメッセージ出るけど。w


覚えてる範囲でメモ。

・power shellからtfインストールするとうまく行かない。結局、cmdを打たないとダメ。

・anacondaを入れたときに元からインストールされているjupyter notebookをそのまま使うと、tensorflow動かない。env tensorflow に行って、そこからjupyter をインストールしないとダメ。
activate tensorflow
conda install jupyter

YAMAHA ( ヤマハ ) / MX88
サウンドハウスで12万円、13.9kg

KORG ( コルグ ) / KROSS-88 BK
サウンドハウスで8万円、12.4kg

ROLAND ( ローランド ) / JUNO-DS88
サウンドハウスで13万円、16.2kg

------------------------

CASIO ( カシオ ) / Privia PX-560MBE
サウンドハウスで9万円、12.0kg、SP付

CASIO ( カシオ ) / Privia PX-360MBK
サウンドハウスで7.5万円、11.9kg、SP付

CASIO ( カシオ ) / Privia PX-350MBK
サウンドハウスで6万円、11.6kg、SP付

--

Studio Logic ( スタジオロジック ) / Numa Compact 2
サウンドハウス7万円、7.1kg、SP付

要するに、ここここにあるようなふうに、XamarinをWindows10上のVisual Studioで動かして、別筐体のMacとつないで、Windows10上のVSからiOSを開発してみる・・・という挑戦。

この記事にあるような、Mac上でWindowsを動かすのではなく、物理的に別筐体のMacの中古を激安で買って、繋いでしまおうという。なので、場所を食わないMac miniの中古。16000円弱で入手したので、その価格は満足。

で、ちゃんとうまく行くかは別問題。

まず、Mac OS X にWindowsから VNCでリモートデスクトップ接続するのはいいんですよ。こちらのサイト様にあるとおりでOK.

で、次に、いよいよVisual StudioのXamarinから繋いでみる。
すると、sshフィンガープリント・・・リモートログインは有効とかいうのが出てきてトラブるけど、これは、マックにログインするときに、ちゃんとパスワードつきのアカウントを作成してログインして、そのアカウントでログインすれば大丈夫。こんな感じ。
001

Mac上ではこのように、リモートログインを設定しておく。
002

こうすれば、ssh....は出なくなるのでうまく行くかと思いきや・・・こういうのが来る。
003

Xcodeってなんだ?って調べると、ここここですよ。
なんか、Apple IDが必要になるそうで、そんなの昔に入ったような気がしないでもない・・・と、不完全なので、いろいろ苦労してようやく昔作ったアカウントとそのパスワードを探し出した。結構大変でした。
で、調べてみると、Xcodeは、MAC app storeからダウンロードしろと・・・
004
で、OS 10.6.6 以降でないとダメなんですか・・・?

しかし、激安マックは、10.5.8 

なぜ激安なのか・・・だんだんわかってきましたよ。w 

試しに、最新のMac OSをダウンロードしてみると、やはりこういうレスポンスが・・・
005

ならば逆に、Xcodeのほうを、昔の古いバージョンにすれば?と思った。
まず、WindowsマシンでAppleのサイトでこういうのがあるのを発見。
006

Xcode 4.5.2 あたりどうでしょう??こちらのサイト様を参考に。

と思ったけど、Windowsマシンでダウンロードしても意味ないので、マックからダウンロードしようとしてみると・・・・
007
と来たよ。アップルのサイトなのに、Macではセキュリティー上開けないと来たもんだwww(^◇^)

ならば、ブラウザはアップルのは見捨てて、Google Chromeでは?と思った・・・・ら、Chromeのサイトに行ってみたら、Mac OSの新しいバージョンしかサポートしてないと・・・・。
さらに、古いバージョンのChromeを探してみたけど、少し前まであったらしいけど現在は既に無いと。



う~~~ん。。。。

中古マックが激安な理由がよくわかった・・・ということで終わってしまうのか?

安物買いの銭失いの典型か? w 今日のところはここまで・・・

いろんなアプリを使うと、いろいろと必要になってフォントが増えてくる。
有料のフォントを買ったりするとなおさらだ・・・・

手動でフォント・フォルダーにフォントを入れたり出したりでは、管理に限界があるし、入れっぱなしではPCの動作が重くなって使い物にならない。

そこで、フォント管理ソフト・・・というわけで、NexusFontを使おう・・・というところまでは、ググればすぐに出る。

問題はそこから。

NexusFontを使うために、フォントのフォルダーを別のところに作って、ライブラリを作って・・・みたいな作業をやるときに、NexusFontが重い。 フォントスキャンが遅くて、ものすごく時間がかかって実用にならない。

結論は、これはNexusFontのせいではなくて、Windowsの糞機能のせいだった。こちらのサイト様のとおり、Windows Font Cache Serviceを止めてみる。これ。
Font Cache Serviceがガン

おお、あんなに遅かったフォントスキャンが、本当に一瞬で終わる!

実に素晴らしい。この方法の効果は劇的。ぜひやってみるべきである。

・・・・ただ、Windowsの糞機能で、自動的にサービスが再開してしまうので、手でいちいち止める必要がありますね、今のところは。

Windows PowerShellと、PowerShell ISEをいじっていて、profileを書いて動作時に読み込ませて、デフォルト・ディレクトリを変更しようとしても、なぜかPowerShell ISEだけで変更が有効になってPowerShellでは無効になるという現象があった。

どうやら、こちらのサイト様の通り。

プロファイルのファイル名を、Profile.ps1にすると両方で有効 になる。

Windows10になってから、ちゃんと設定でスリープしないようにしていても、すぐにスリープモードに入ってしまう。しかも、何もしていないときに数分経つと・・・・ではない

Webを見ている途中でも、メールを書いている途中でも、キーボードで文字をガンガン打っている最中でも、無関係にスリープする。

こんなのは前代未聞。はっきり言って、不良品のレベルだな!
こんなもん製品として売るなよマイクロソフト。
で、スリープから戻すと、ちゃんと書きかけのメールの内容は保存されている。なので、ハード的に過熱して落ちたのではないはず。それを実証するために、モニターソフトを入れてこれを撮ってみた。
CPU温度
見ての通り。詳細は省略するけど、CPU過熱ではないのは一目瞭然。

次に、Windows10の設定で、電源オプションを徹底的にスリープしないように設定する。
こういうふうに。
Win10電源設定
見ての通り。詳細は省略するけど、ちゃんと詳細設定に入って、スリープ時間を3000分とかの値にして、かつどうせ糞な機能なことが想像されるハイブリッド・スリープとかいうのをオフにしておく。

さあ、これで完璧なはず・・・
もし仮に、Windows10がマトモな製品なら・・・・


----

結果。

やはり、文字を打ち込んでいる最中にスリープしますよ。(^O^)/

----

もしここまででうまく行けば、こういうブログの記事は書かなかった。だって、書くほどの事じゃないじゃん。w

なので次。

とりあえず実験中なのはこういう解決策。

1. ここで書いたAIMPを使っているのが前提で、
2. AIMPの設定で、全曲リピートをかける。しかし、意外とそれが面倒で、
AIMPリピート設定
こういうふうに、左上の△をクリックして、設定でとにかく、
プレイリストの最後に来た時プレイリストをリピートするように設定する。
AIMPのバージョンによって多分微妙に設定画面が違うので、各自研究してくれ。
3. AIMPでエンドレス全曲再生をかけて、ミュートする。
AIMPミュート
まあこれを押すだけだな。で、AIMPの偉いところは、ここでAIMPをミュートしても、OSとしてのオーディオ機能はミュートされないので、例えばブラウザでYouTubeを見ても、関係なくちゃんと音楽が再生される点だ。

つまり、音楽再生中はWindows10がスリープにならないことを期待して
ミュート状態で24時間音楽を再生しっぱなしにするわけだ。これが一言でいうこの解決策の原理

なんか、パーキンソン病みたいなテイスト?な解決策で、あんまり気持ちよくはないが、文章書いている途中でスリープするよりは遥かにマシなことは疑いなし。

とりあえずこれでしばらく様子を見る。

(p.s.) この解決策をやって、MISIA全曲再生をかけて、ミュートしないと、盛り上がるよ。
これは意外とお勧め??かもwww

-------------------

(2016.11.2 追記)
はい。AIMPかけっぱなしにしても、キーボードいじり中にスリープしました。(;´Д`)
なので、期間限定で最近のだけ検索をかけてみて、こちらのサイト様を発見。

とうとう、レジストリをいじることになりましたね。
レジストリいじる
こんな感じですよ。90000秒だから、24時間以上に設定したからまず不足はないでしょうww多分。

そして再起動。・・・・数分後、またまたキーボード操作中にスリープしましたよ。

う~ん・・・・ なんか、これ、スリープじゃない現象なんじゃないの?という疑惑が出てくるけど。
よくわからないのが現状。

なんか、

Windowsなんかやめて、Linuxに移行するか?
 というのを真剣に考えたくなるな~w。

ただ、Windowsでしか動かないApplication結構使ってるので困るんだが・・・。(;´Д`)

-------------------

(2016.11.3 追記)

またまた検索してみたら、こういうサイトができてた。初めて発見。
このまえまで、スリープなしって設定できなかったのに?、どうやらいつの間にかできるようになってるみたいだ?。よく覚えてないけどwww(^O^)/。でも関係ないかも・・・。やってみたのがこれ。
スリープなしができた
マイクロソフトって、まあどの会社も同じだけど・・・知らないうちにコッソリ機能を削ったり追加したりするからよくわからない。w(^◇^) まあ、バグに気づいて直したのならいいのだけど?
とりあえずこれで様子見。

-------------------

(2016.11.4 追記)

当然ながら、全然症状は改善されず。(^O^)/
あと、どうも、夜よりも、朝方・午前中のほうが、スリープに落ちる頻度が高い感じ。Windows10は夜型なのかもwww
→ 2016.11.8追記、やはり時間に関係ないみたい。午後でもちゃんと落ちる。

------------------

(2016.11.7 追記)

この問題・・・あまりにアレなので、別ブログに移行しました。

*****

(2016.11.9 追記)
さらに、マウスポインタが勝手に動くという現象が発生しました。なんか、マウスいじってると、突然原点方向に飛ぶのです。 しかもこの現象は、検索してみると沢山の方々で発生している模様。なんか、完全に終わってますね。Windows10 (´∀`*)

音楽を聴くときに、普通にCDをMP3で吸い上げて、アルバムの順番通りにただ再生したいわけだが、なんか今のご時世ではそういう当たり前のことができなくなっている。例えば、iTunesとか、Windows10で標準でついてくる再生ソフトGrooveミュージックとか、なんかクラウドにある音楽を再生するとか・・・そういうことだけに照準が当たっていて、普通に音楽が再生できない。つまり、プレイリストを作るのが前提になっているみたいな。

こういうムダなことは止めてほしいんだよな! 実は、PCの世界以外でもそういうことはものすごく沢山有っていろいろ苦労してるわけだが、ここではそれは省略する。

で、Windows8までは、単に、WMP、Windows Media Playerを使っていればそういう悩みは無かった。

しかし・・・・Windows10 になってから、Windows Media Playerを普通に使っただけでなぜかCPU使用率が異常に高くなるようになってしまった。原因や意図は一切不明。なので、事実上、GrooveミュージックかiTunesを使うしかなくなってしまった。これらのプレーヤーなら、CPU使用率は低いままである。

CPU使用率を取るか、使い勝手を取るか・・・の二者択一・・・なんて、この2016年のご時世とは思えない低次元の悩み。本当に、Windows10は糞だ。

で、解決策。

AIMPを使う。


以上。(^^♪


まあいろいろ調べてもらえればわかるよ。非常に使い勝手が良い。

このページのトップヘ